クレバリーホームの坪単価は88.5万円!30坪の参考価格は2,655万円〜【特徴やどんな人にオススメかも解説】

クレバリーホームの坪単価解説

「いま、色々なハウスメーカーを見ていて、クレバリーホームが気になっています。」
「クレバリーホームってどんなメーカーですか?坪単価ってどれくらいですか?」

クレバリーホームはコストパフォーマンスと性能に定評のあるハウスメーカーです。
坪単価はおよそ88.5万円となります。(※実際にクレバリーホームで建てた人・営業マンの方から直接聞いた価格をもとに、平均値を算出しています)

この記事では、クレバリーホームが気になっているあなたに向けて、次の内容をくわしく解説していきます。

クレバリーホームが気になっている方は、ぜひこの記事をハウスメーカー選びの判断材料にしていただければと思います。
さらに、記事の後半では、たくさんのハウスメーカーの中から自分に合ったハウスメーカーを絞る方法もご紹介します。
それではさっそくまいりましょう!

▼ 今すぐ自分に合うハウスメーカーを知りたい方は、下の「住宅メーカー診断」で好きな外観を選び、パントリーやキッチンなど、希望の条件を選んでください。あなたにピッタリのハウスメーカーがわかります。

ぴったりな3社を手軽に知る住宅メーカー診断

↓ 好みの外観を選択して Web診断スタート

クレバリーホームはこだわりをどこまでも追求できるハウスメーカー

クレバリーホームのスゴイところTOP3
  1. 高級感のある「総タイル外壁」と陶器瓦の屋根を標準採用できる
  2. 巨大地震に強く、揺れによる外壁の損傷も防げる
  3. 比較的間取り自由度が高く、ライフスタイルに合わせた設計が得意

クレバリーホームは、他のハウスメーカーでは高額になりやすい総タイル外壁の家を、コスパよく建てられるハウスメーカーです。
タイル外壁は家の外観に高級感を与え、定期メンテナンス費用を抑えられるという異メリットがあります。
しかし多くのハウスメーカーではオプション(追加料金)に該当するため、建築費用が高くなりやすいというデメリットがありました。

しかしクレバリーホームでは、タイル外壁が標準仕様に組み込まれているため、周りとは一味違う家を、価格を抑えて建てられます。

家のつくりにおいては、通し柱を多く使う「木造軸組構造(SPG構造)」と、壁パネルで家を支える「モノコック構造」を組み合わせた「プレミアムハイブリッド構法」を採用しています。

また、クレバリーホームは業界最大手のフランチャイズメーカーでもあります。
2023年2月時点で累計受注棟数39,800棟以上の実績をもち、北は北海道、南は九州・沖縄まで、全国でその土地に合った家を建てられます。

クレバリーホームの坪単価は約88.5万円

クレバリーホームの最新の坪単価は約88.5万円ほどとなります。
※建てる地域やオプション、商品によって坪単価が変化します。
商品(住宅モデル)ごとの坪単価は、次の表の通りです。

構造 坪単価 コンセプト
Vシリーズ 85万円〜 クレバリーホームのトップグレードモデルの注文住宅。外壁にハイグレードタイルを標準採用でき、電子錠つき玄関扉や高級床材、高級キッチンを選択可能。
CXシリーズ 80万円〜 高いコストパフォーマンスを誇る、人気No.1注文住宅。個性的なデザインウォールを外観に採用できる。
hapies(ハピエス) 70万円〜 共働き・子育て家族の「あったらいいな」を叶えた商品。家族のコミュニケーションや家事ラク導線、在宅ワークスペース、レジャーなど間取りのアイディアが豊富。
inumo(イヌモ) 75万円〜 家族と犬が心地よく過ごすためのコンセプト住宅。手洗い場つきのドッグスペースや外水栓つきのドッグラン。
Granshare(グランシェア) 85万円〜 家族のつながりをコンセプトにした平屋住宅。屋根勾配を活用したロフト空間や、アウトドアリビング「パティオ」
Skyshare(スカイシェア) 90万円〜 自分らしさを形にした多層階住宅。狭小地での住まいづくりに特化。
Harmonie(ハモニエ) 80万円〜 共有のアプローチ空間として「小路」を採用した多世帯住宅。
クレバコ+ 85万円〜 間取りとデザインを選べるセミオーダー住宅。24色の外壁タイルから自由に選択できる。
ENELITE(エネリート) 97万円〜 2重の断熱構造・トリプルガラス+樹脂サッシ・基礎断熱の採用で、断熱性能を上げた商品。
SMART EVERY ZERO(スマートエブリゼロ) 100万円〜 太陽光エネルギーの「創エネ」により、エネルギーゼロを実現するZEHの家。

※ このサイトでは、土地代や消費税を抜いた「本体工事費」を元に坪単価を計算しています。
※ 実際にクレバリーホームで建てた人・営業マンの方から直接聞いた価格をもとに、平均値を算出しています。

クレバリーホームの人気商品それぞれの特徴と坪単価

クレバリーホームの商品には、人気の注文住宅「Vシリーズ」「CXシリーズ」、そのほかに企画提案型の「コンセプトモデル」が存在します。
まずは、注文住宅から、順番に解説します。

クレバリーホームの注文住宅、人気商品2つ

クレバリーホームの人気商品2つ

それぞれのくわしい特徴は、見出しをタップしてご覧ください。

1. デザインと性能にこだわったハイグレード注文住宅「Vシリーズ」

Vシリーズ

Vシリーズは、「デザイン性」「住宅設備」「性能」といった、住まいに求められる全ての要素にこだわったハイグレードモデルの注文住宅です。
坪単価は85万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,250万円ほどとなります。

Vシリーズは「本物を追求した住まい」がテーマで、具体的には次の仕様により高級感を演出しています。

  • 他の商品ではオプション扱いの「ハイグレードタイル」を標準採用できる(6種類から自由に選択。重厚感がある)
  • 格調高さを演出する電子錠つき玄関扉を採用できる
  • 床材に高級無垢材を標準採用できる(天然木の質感が魅力)
  • 有名メーカーの中グレード以上のキッチンを標準採用できる
たてまる
たてまる

Vシリーズは、クレバリーホームの中では高価格とはいえ、業界全体で見たときに、上記の仕様をすべて実現してこの金額で建てられるのは非常にお得です!ミドルコストメーカーで、高級感のある家を建てたい方には、Vシリーズがオススメです。

2. 価格を抑えた人気No.1の注文住宅「CXシリーズ」

CXシリーズ

CXシリーズは、Vシリーズよりも価格を落としてコストパフォーマンスを高めた注文住宅です。
クレバリーホームの中でも、人気No.1の商品となります。

坪単価は80万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,400万円ほどとなります。

  • 壁全面に「ハイクオリティタイル」、屋根に陶器瓦を標準で採用できる
  • LIXILの中グレードキッチン・お風呂・洗面台・トイレを標準で採用できる
たてまる
たてまる

CXシリーズは、「クレバリーホームの基本の仕様を抑えつつ、自由設計で建てたい。でも、コスパにも妥協したくない!」という方にオススメです!

クレバリーホームのコンセプトモデル一覧

クレバリーホームには、ライフスタイルに合った家を建てられるコンセプトモデルが存在します。 見出しをタップしてご覧ください。

時産と家事動線にこだわった「hapies(ハピエス)」

ハピエスは、2020年に発売されたクレバリーホームの企画提案型商品です。
坪単価は70万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,100万円となります。

家事の効率をあげ、時間を削減する「時産」と、生まれた時間を家族と自分のために使う「ウチ余暇」がテーマとなっています。
具体的には、次のような間取りプランを提案してくれます。

  • 洗う・干す・しまうの動作を最小限に抑える「コンパクトランドリー」
  • ダイニングとキッチン、前後両方からものを取り出せる「コンビニストッカー」
  • 自宅にいながらアウトドアを楽しめる屋上シアタールームの提案
たてまる
たてまる

「家事導線を工夫したい」「家族との時間を大切にしたい」という人にはハピエスがオススメです!

愛犬と暮らす家「inumo(イヌモ)」

inumo(イヌモ)は、「愛犬と暮らす」ことをテーマにしたコンセプト住宅です。
坪単価は75万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,250万円ほどとなります。

  • 手入れが簡単なタイル張りの「ドッグスペース」
  • 雨の日でも遊べる屋根つきの「ドッグラン」
  • お散歩帰りに便利な「外水栓」
  • 滑りにくくお手入れ簡単な専用フローリング仕様の共生ゾーン
たてまる
たてまる

イヌモは、人とワンちゃんが暮らしやすい間取りになっています。愛犬と安心して暮らしたい方にオススメです!

平屋住宅「Granshare(グランシェア)」

Granshare(グランシェア)は、クレバリーホームの平屋商品です。
坪単価は85万円〜で、30坪の参考価格は2,250万円ほどとなります。

リビングを中心に、アウトドアリビング「パティオ」や、屋根勾配を有効活用したロフト空間が広がります。
外観バリエーションも豊富で、タイルの選び方により印象が変わります。

    たてまる
    たてまる

    クレバリーホームで平屋住宅を建てたい方にオススメです!

    多層階住宅「Skyshare(スカイシェア)」

    Skyshare(スカイシェア)は、クレバリーホームの多層階住宅です。
    坪単価は90万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,700万円ほどとなります。

    構造は、地面から最上階に通し柱を入れる「門型ラーメン構造」を採用。
    複数の通し柱でガッチリ支えるので、地震と台風にも強いです!

    プランは外観、間取りともに異なる4種類から選べます。

    たてまる
    たてまる

    スカイシェアは、狭小地に家を建てる方や、住宅を店舗と併用したい方、2階をリビングにして日差しを取り込みたい方などにオススメです!

    多世帯住宅「Harmonie(ハモニエ)」

    Harmonie(ハモニエ)は、クレバリーホームの多世帯住宅商品になります。
    坪単価は80万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,400万円ほどとなります。

    ハモニエのプランは全部で3種類あります。

    • 親世帯と子世帯の間に通路を設けた「小路(こうじ)」プラン
    • アウトドアリビングと「離」を小路でつなげたプラン
    • 1階と2階で玄関をわけた「3階建て」プラン
    たてまる
    たてまる

    ハモニエは、お互いのプライバシーを尊重し、適度にコミュニケーションできる二世帯住宅を検討している方にオススメです!

    箱を組み合わせるセミオーダー住宅「クレバコ+」

    クレバコ+は、約100種類以上の「箱」から自由に組み合わせてつくるセミオーダー住宅です。

    坪単価は65万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は1,950万円ほどとなります。
    外観は全24色の外壁タイルから自由に選べます。
    2020年度には、グッドデザイン賞・キッズデザイン賞を受賞しました。

      たてまる
      たてまる

      クレバコ+は、他の商品よりも予算を抑えて、比較的スピーディーに家を建てられます!

      断熱・気密性能を高めた「ENELITE(エネリート)」

      ENELITE(エネリート)は、通常よりも断熱・気密性能を高めた商品です。
      坪単価は97万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は2,910万円ほどとなります。(※ 一部取り扱い不可のエリアあり)

      通常の商品 エネリート
      屋根 無機質繊維系断熱材(ブローイング)210mm 無機質繊維系断熱材(ブローイング)300mm
      外壁 無機質繊維系断熱材ロックウール(orグラスウール)100mm+遮熱シート 無機質繊維系断熱材100mm+フェノールフォーム30mm
      ポリスチレンフォーム65mm 外ポリスチレンフォーム50mm+内ポリスチレンフォーム50mm
      • フレーム:外側アルミ・内側樹脂
      • 2枚ガラス
      • アルゴンガス入り
      • フレーム:内外樹脂
      • 3枚ガラス
      • アルゴンガス入り
      たてまる
      たてまる

      クレバリーホームの誇る耐震性能やメンテナンス性能はそのままに、断熱性能を上げたい方にオススメです!断熱性能を上げると、建ててからの光熱費を抑えられますよ。

      次世代のZEH基準を満たす「SMART EVERY ZERO(スマートエブリZERO)」

      スマートエブリZEROは、高断熱+省エネ設備+創エネを盛り込んだ、次世代のZEH基準を満たす家です。
      太陽光パネル、リチウムイオン蓄電池(オプション)、高効率エコキュート、HEMS、LED照明、全熱交換換気システム(熱交換効率80%)の省エネ設備を

      坪単価は100万円〜で、30坪の2階建て住宅の参考価格は3,000万円ほどとなります。
      ZEHとは、エネルギー消費量を抑えて、エネルギーを自給自足する、エネルギー収支ゼロの家のことです。

        たてまる
        たてまる

        太陽光パネルつきの住宅を検討している方には、スマートエブリZEROがオススメです!

        クレバリーホームはミドルコスト帯のハウスメーカー

        クレバリーホームは、他のハウスメーカーと比較して、ミドルコスト帯のハウスメーカーに位置します。
        当サイトの4タイプ比較表の中では、「グッドバランスタイプ」に該当します。

        クレバリーホームの坪単価

        クレバリーホームは、積水ハウスや一条工務店よりは安く、タマホームやオープンハウスよりは高いハウスメーカーとなります。
        ただしオプションの追加や家のサイズによっては、本体工事費が大きく変化するので注意しましょう。

        自分に合ったハウスメーカーを知りたい方は、おうちキャンバスの「ハウスメーカー診断」を試してみてください。
        質問に答えていくと、あなたの好みのデザインや欲しい設備、希望の予算を総合的に分析し、あなたに合ったハウスメーカーが簡単にわかります。

        ぴったりな3社を手軽に知る住宅メーカー診断

        ↓ 好みの外観を選択して Web診断スタート

        【注意】坪単価でハウスメーカーを選ぶことはオススメしない

        ここまでクレバリーホームの商品と参考価格を紹介してきましたが、ネット上の坪単価だけを基準にハウスメーカーを選ぶのはとても危険です。

        なぜなら、「坪単価」という言葉はハウスメーカーによって定義が異なるからです。
        このサイトでは、土地代や消費税を抜いた「本体工事費」を元に坪単価を計算しています。
        しかし家を建てるときには、本体工事費だけではなく上下水道工事や土地代、消費税代が必要になります。

        「坪単価」を出すにあたって、本体工事費だけを元に坪単価を計算している会社もあれば、カーテンなどの内装工事やオプションを含めた総額を坪単価に含める会社もあるため、「必ずこの価格で家を建てられる」とは言い切れないのが、家づくりの怖いところなのです。

        たてまる
        たてまる

        また、同じ商品でも家を建てる場所によって坪単価が前後しますので注意しましょう!

        より具体的な価格・土地込みの費用感について知りたい方は、おうちキャンバスの家づくりオンライン相談にご参加ください。
        家づくりの専門アドバイザーが、クレバリーホームの特徴や予算感をお伝えし、よく比較検討されるハウスメーカーとの違いをお伝えします。
        ご希望の方には優秀な営業担当のご紹介も行います。

        資料請求・展示場に行く前にまずやること

        「気になるハウスメーカーが見つかった」とき、すぐに資料請求をしたり、展示場に足を運ぶことはおすすめしません。
        未熟な営業マンがあなたの担当になり、一生に一度の家づくりで失敗する可能性があるからです。

        経験豊富で親身な営業担当に出会うには、家づくりにくわしい第三者から直に紹介してもらうのが1番です。

        おうちキャンバスの「無料オンライン相談」では、優秀な営業担当の紹介だけでなく、その後のサポート・合わなかった場合の担当チェンジにも対応。営業マンには直接聞きづらいローンの組み方や、穏便な値引き交渉術もお伝えします。家づくりの課題感がクリアになります。

        夫婦がスマホを眺める写真

        ▼ こんな人におすすめ ▼
        ・優秀な営業担当を紹介してほしい方
        ・住宅メーカー契約前に相談したい方
        ・複数メーカーを客観的に比較したい方

        【無料】相談の流れ・サービス詳細

        クレバリーホームの間取りと坪単価事例

        【建物面積40坪】2階建て4LDKの坪単価は88万円

        クレバリーホームの「CXシリーズ」の40坪の間取り事例を紹介します。
        広い空間を活かして、シューズクローク・ウォークインクローゼット・パントリーなど、収納が充実しています。

        帰ってすぐに洗面所トイレに向かうことができ、脱衣所・ランドリールーム・リビングへと移動できる「回遊動線」を採用しているのが特徴です。

        2階建て4LDK40坪の間取り1階2階建て4LDK40坪の間取り2階

        昨今の注文住宅では、2階の洋室をコンパクトに仕上げる家が増えていますが、ここではクローゼットの扉をなくし、空間を広くとっています。

        参考までに、クレバリーホームの「CXシリーズ」で40坪の注文住宅を建てる場合の坪単価は約88万円、土地代抜きの建物価格は3,520万円ほどとなります。
        ▶40坪の間取りを優秀な営業担当に相談したい方はこちら

        クレバリーホームの特徴・他のハウスメーカーと比較して優秀なポイント

        クレバリーホームは、他のハウスメーカーと比較して、とくに優秀なポイントが4つあります。順番に解説します。

        1. 高性能な「タイル外壁」を標準で採用できる
        2. 建ててからのメンテナンス費用が安い(一般的な戸建て住宅の半額以下)
        3. 巨大地震に強く、揺れによる外壁の損傷も防げる
        4. 木造メーカーの中でも間取り自由度が高く、ライフスタイルに合わせた設計が得意

        1. 高性能な「タイル外壁」を標準で採用できる

        クレタイル

        クレバリーホームでは、外壁は「総タイル」、屋根は「陶器瓦」が標準です。
        これは実際にタイルの家を見てもらうとわかりやすいのですが、「18mm以上の厚みがある外壁」「彫りの深い外壁」を選ぶと、見た目に重厚感と高級感が出ます。
        さらにクレバリーホームのオリジナル外壁「クレタイル」は、次のメリットがあり、人気が高いです。

        外壁を総タイルにすると、他のハウスメーカーではオプション扱いになることがほとんど。 約40坪の2階建て住宅で外壁を総タイルにした場合、+200〜300万円ほど追加費用がかかります。

        たてまる
        たてまる

        その点、クレバリーホームは、高性能な外壁タイルを自社で製造する企業努力により、ミドルコストで総タイル外壁の家を建てられます。これはスゴイことです。

        2. 建ててからのメンテナンス費用が安い(一般的な戸建て住宅の半額以下)

        クレバリーホームの総タイル外壁と陶器瓦の屋根は、建ててからの塗装費用が一切かかりません。

        よくある戸建住宅では、屋根は「スレート」、外壁は「サイディング」を採用しています。 このような家は初期費用こそ安いものの、10〜15年ごとに100万円以上の塗装費用が発生します。

        その点クレタイルは、目地の交換のみ、10〜15年に1回のスパンで修繕が必要なものの、修繕費用はスレート+サイディング材の家の約半分に抑えられます。
        ちなみに、タイル下の目地の上にブチルテープを貼り、その上から接着剤を塗っているので、ボードの間の目地も、他のハウスメーカーのタイル外壁の家よりもメンテナンスがかかりにくくなっています。

        たてまる
        たてまる

        築10〜15年というと、住宅ローンの負担や子ども進学費用などで出費が重なる時期です。そのようなとき、100万円以上の塗装費用は痛い出費ですよね。ですがクレバリーホームの家なら、コスパよく総タイルの家を建てられ、その後の維持費も節約できます!

        3. 巨大地震に強く、揺れによる外壁の損傷も防げる

        地震に強いプレミアム

        通常、タイル外壁を採用すると家全体が重くなり、地震のときに剥離したり目地にヒビが入りやすくなるというデメリットがありますが、クレバリーホームの家はそもそも巨大地震に強く、地震後に外壁にヒビが入るなどの損傷も防いでくれるので安心です。

        クレバリーホームの家は、1階と2階の「通し柱」が地震のときに屋根にかかる荷重を下に逃します。
        そのうえに壁パネルを貼っているため、木造住宅メーカーの中でも地震に強いつくりになっています。
        また、外壁のタイルとタイルの間に若干の隙間があるため、地震が起きても剥離しづらいといった特徴があります。

        実際に、実物大振動実験では、阪神・淡路大震災の2倍の揺れでも歪みや損傷がほとんどないことが実証されました。
        巨大地震が起きても、倒壊の心配はまずありません。

        4. 木造メーカーの中でも間取り自由度が高く、ライフスタイルに合わせた設計が得意

        クレバリーホームは木造メーカーの中でも比較的間取り自由度が高く、家族構成に合わせた増改築もやりやすいです。
        スキップフロア小上がり和室、テレワークスペース、回遊動線といった人気の間取りを実現できます。

        ベースの木造軸組工法に、独自の工法をプラスしているため、耐震性を保ちながら広い空間設計も得意です。
        天井高にも余裕があり、他のメーカーでは2.4mが標準であることが多い中、それよりも20cm高い2.6mが標準です。 このため、開放的なLDKになります。
        階段や廊下の幅にゆとりをもたせた、1メートル刻みの「メーターモジュール」設計のため、バリアフリーの観点からも暮らしやすい家を建てられます。

        そのほかにも、炭を採り入れた空気清浄効果の高い室内壁、換気システムや、犬の洗い場や共生スペースを設けた「愛犬家のための家」など、家族の健康やライフスタイルにあわせた提案も得意です。

        たてまる
        たてまる

        クレバリーホームには、オリジナルの玄関収納やムーブクローゼット、タオル収納など、使い勝手のよい収納がたくさんあります。内装を決める打ち合わせも楽しくなりますよ!

        クレバリーホームの懸念・よくある質問

        クレバリーホームに欠点・注意点はあるのでしょうか。
        ここでは、クレバリーホームをご検討中の方からよくいただく質問を2つ紹介します。

        1. クレバリーホームの強みは?

        クレバリーホームは他のハウスメーカーと比較して、高級な総タイル外壁の家をコスパよく建てられるハウスメーカーです。
        フランチャイズの業界最大手でもあり、日本全国でその土地の風土と気候に適した家を建てられます。

        2. クレバリーホームの施工品質は?

        クレバリーホームの施工品質は、業界内でも標準的です。
        ただしクレバリーホームはフランチャイズのため、どうしてもエリアごとに対応の差や施工のばらつきがあるようです。

        補足として、大手ハウスメーカーは少しの悪い口コミが会社全体の損失になります。
        そのため、小規模な地場の建築会社と比較すると、厳しく施工品質をチェックする体制を整えています。
        たとえばクレバリーホームでは、エリア全体で施工ルールや体制を整え、引き渡し前の「社内検査」を徹底することで、欠陥工事の対策をしています。

        とはいえ、複数の人間が連絡を取り合い、大工さんが手仕事で木造住宅を建てる都合上、行き違いが発生する可能性が必ずつきまといます。
        施工品質を高めるには、まめに大工さんに缶コーヒーなどの差し入れをしてみてください。
        士気が上がりミスロスが減ります。
        また、引き渡し日には、施主として間取り図との違いがないか入念に確認するようにしてくださいね。

        これはクレバリーホームに限らず言えることですが、家のクオリティと打ち合わせの満足度を左右するのは営業マンの経験値です。
        最初に優秀な営業マンに出会えれば、間取り設計でスムーズに意思疎通できるだけでなく、大工さんへの気配りもしてくれます。

        優秀な営業マンに出会えるかどうかが、家づくり成功の1番の近道となります。
        優秀な営業担当と出会う方法

        【補足】フランチャイズだからこそ、引き継ぎのフォロー体制は万全

        クレバリーホームの場合、契約した加盟店が工事を継続できなくなった場合、近隣の加盟店が工事や点検を引き継いでくれます。
        このため、地場の工務店や建築事務所よりは安心して任せることができます。

        なぜかというと、工務店や建築事務所の場合、仮に工事の途中で会社が倒産した場合、その後どこも引き継いでくれない・点検にも対応してもらえないということがあるからです。
        保証は、10年目と20年目に指定の有償メンテナンスを受けることで継続する仕組みになっています。


        クレバリーホームで、しっかりした間取り設計のもと、理想通りに打ち合わせを進められるかどうかは、優秀な営業マンと出会えるかにかかっています。

        とはいえ、住宅展示場で親身な営業担当と運命的な出会いをすることは、なかなか難しいものです。
        おうちキャンバスのオンライン相談では、ご希望の方に限り、全国大手ハウスメーカーの優秀な営業担当の紹介を行っています。
        ご希望の方は、事前アンケート、もしくはヒアリングの途中で「営業担当を紹介してほしい」とお申し付けくださいね。

        理想が叶うハウスメーカーと親身に寄り添う営業担当を紹介

        クレバリーホームと比較検討されるハウスメーカー

        参考価格
        (30坪2階建て住宅の場合)
        特徴
        アイ工務店 約2,682万円 木造。耐久性の高い木造住宅を、大手の70%の価格で建てられるハウスメーカー。
        ウィザースホーム 約2,754万円 木造。リーズナブルな価格で総タイル外壁の家を建てられるハウスメーカー。収納にこだわりたい人向け。
        ヤマダホームズ 約2,082万円 主に木造。ヤマダ電機のグループ会社であり、家具家電の提携が魅力。
        アキュラホーム 約2,097万円 木造。適正価格と長期優良住宅を両立させるハウスメーカー。
        アエラホーム 約2,535万円 木造。強度の高い木造住宅を、大手の70%の価格で建てられるハウスメーカー。
         
        タマホーム 約2,034万円 木造。大手の住宅設備を採り入れた家をローコストで建てられるハウスメーカー。

        この記事のまとめ

        最後に、この記事で紹介したクレバリーホームの概要をまとめます。

        陶器瓦とタイル外壁を標準採用できるクレバリーホームは、メンテナンスコストが安く、オシャレな家に住みたい方オススメです。

        クレバリーホームと他のハウスメーカーで迷ったら、ぜひ当サイトの住宅メーカー診断やオンライン相談をご活用ください。
        あなたの家づくりがより素敵なものになるよう、心より願っております。

        それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

        監修者コメント

        たてまる
        家づくり専門アドバイザー
        たてまる

        クレバリーホームの総評としては、「外観に高級感がありコストパフォーマンスが高い」「すべてのパラメーターがまんべんなくよい」というオールラウンドファイターです!

        あまり家にはお金をかけたくないけれど、妥協もしたくないという方には、クレバリーホームがピッタリです。

        クレバリーホームはミドルコスト帯のメーカーなので、打ち合わせで金額が爆増しづらく、予算オーバーしにくいのも嬉しいですよね。

        クレバリーホームとその他のハウスメーカーで悩んでいる場合は、おうちキャンバスの無料オンライン相談から、気軽に相談してくださいね。 あなたの状況をヒアリングし、予算と条件にピッタリのハウスメーカーをお伝えします。

        【無料】相談の流れ・サービス詳細

        家づくりを始める方へ、お役立ちコンテンツ。あなたの家づくりをサポート

        オンライン相談とは...ご自宅から気軽に約60分のご相談であなたにベストな1社が分かります

        累計35,000人以上が活用した住宅メーカー診断にて、あなたに合うハウスメーカーをご提案し、ご希望される場合はご紹介いたします。各ハウスメーカーの特徴やネットには掲載されていない「坪単価情報」も面談中にお伝えします。

        あなたに合うハウスメーカーをご提案します
        大手から中堅ハウスメーカーまで数十社に対応

        コラム一覧

        家づくり、何から始める? 迷った時の強い味方